シミとくすみの関係とは?

シミ化粧品-美白とくすみの関連性

女性なら誰しも、美白ケアは必須だとお考えかと思います。 くすみは美白になる為に改善しなければならないものですよね。 顔全体がくすんでいると、それだけで顔色も悪く見られがちで、 血色が悪く、やつれたようなイメージを持たせてしまう事にもなりかねません。 くすみのない、綺麗な肌を保つ為に、注意する点をご紹介していきます。
保湿対策はこれでバッチリ!化粧水・クリームのおすすめも紹介!

まず、美白と言うと、紫外線は大敵!と考え、日焼け止め効果の高い化粧下地やファンデーション等で カバーしたりしていると思いますが 実は、この化粧下地が逆にくすみの理由となった…と言う人も少なくないのです。

でも、紫外線をカバーする為の化粧品を使っているのに、どうしてくすみが出来るのか、不思議ですよね。 それは、クレンジングの時点で問題があるかもしれません。

紫外線をカットする成分が入っている化粧下地やファンデーション等は、通常の洗顔では落ちにくいものになっており、 確かに紫外線のカバーはしてくれているのですが、 その後、きちんと落としきれていないと、肌に負担をかけたままになり、かえってくすみの原因に繋がります。

ですから、クレンジングは特に念入りにしなければ、 紫外線から肌を守る事が出来ても、皮脂汚れ等が毛穴を詰まらせてしまったり、酸化した皮脂が肌の老化を進行させたりと、 くすみだけでなく、シミやたるみ、しわ等の肌トラブルを引き起こします。 ですので、紫外線にだけ注意をしておけば良いと言う訳ではない事を、認識しておきましょう。

美肌、美白の為にくすみなんてもってのほかと思うなら、クレンジングはもちろん、洗顔もその後のスキンケアも 日頃から丁寧に確実に行うように心がけて下さい。 汚れをしっかりと綺麗に落とした状態で、 化粧水だけでなく、美容液やクリーム、パック等でお手入れをして 肌トラブルを引き起こさないようにする事が大切です。
ピュア

また、化粧水等だけでケアするのではなく、日頃の食生活にも注意しましょう。 乳製品や脂質の摂りすぎには注意です。 体の内側から整える事により、肌のターンオーバーを正常に戻します。 質の良い睡眠をとる事、適度な運動をする事、 そして、生活リズムを崩さないようにする、精神的ストレスをためないようにするといった事も 美肌の為には重要なポイントとなります。

そうして日頃の努力の積み重ねが、あなたの綺麗な肌を作る事になるのです。 美は1日にして成らず!ですよ。

毛穴をきれいにするための洗剤や化粧品

毛穴を汚れから守り、清潔な状態を維持するためには日々のお手入れが欠かせないものになります。毛穴を洗う際は、丁寧にやさしく時間をかけて行うことを心掛けましょう。

石鹸、洗顔料は適切な量を正しく使い、多すぎず少なすぎず、しっかりを泡立てて汚れを覆い、泡で「含み取る」ようなイメージできれいにしていきましょう。泡立てることで、有効成分がしっとりと肌にしみわたり、効果が広がります。

毛穴を洗うときはぬるめのお湯で、手の指の腹(先ではない)を使って、円を描くように念入りにかつやさしく肌に触れるようにしましょう。爪を立てたりごしごしとタオルでこすると肌だけではなく、毛穴も傷つけてしまいます。

ぬるめのお湯を使うのも、肌への刺激を避けるためです。熱いお湯だとうるおいに必要な、肌の水分や脂分も一緒に洗い流してしまうことになります。もちろん冷水は肌を緊張させてしまい、無駄な汚れが流れにくくなってしまうのでよくありません。

石鹸や洗顔料は洗うのが終わったら速やかに流すようにしましょう。肌にいつまでも残っていると、成分が強くなってしまい逆効果で肌を傷つけてしまいますし、過剰な毛穴への浸透は、毛穴の新陳代謝にとってもよくありません。

毛穴をきれいにするためには、洗うことだけではなく、新陳代謝を促すことも効果があります。特にビタミンAやビタミンCなどが新陳代謝に効果があり、肌成分である真皮層をつくるためのエラスチン繊維、コラーゲンといった物質が作られるのを助けます。

ビタミン類は化粧水などを使うことによって外部から補給することが可能ですが、日常生活の中でそれらを多く含む食品を摂取することによって、体の内側から補うことが可能です。やはり健康に肌をきれいにするためには、体の内側から改善していくのが望ましいのです。

それに加えて、日々のケアによってさらにきれいになることができます。毛穴は肌の中でも特に洗いづらい場所です。日々の心がけが肌をきれいに保ち、いつまでも若々しさを維持することにつながりますので気をつけてくださいね。

アンチエイジングに必要な毛穴の知識

肌をきれいにし、アンチエイジングを保つためには、その大敵である毛穴の汚れを防ぐ必要があります。ここでは、その「敵」の正体をしっかりと確認しておきましょう。どういうものか理解できれば対処がやりやすくなります。

毛穴は皮膚表面にある体毛が生える穴であることはいうまでもありませんが、大切な機能を持っています。毛穴の中には汗を出す汗腺や皮脂腺の排出口などがあり、余分な脂分を体外に捨てたり、汗をかき体温調整する機能も持っています。

当然、何らかの理由で毛穴が塞がれてしまうと、汗や皮脂は毛穴の段階で詰まってしまうことになります。体の機能が阻害されてしまうことになり、健康面でもよくありませんし、ニキビなどの腫れ物の原因となってしまいます。詰まりものは、雑菌の養分となるため、それらが繁殖しやすくなり、悪循環は続いてしまいます。

また、毛穴によって皮脂や汗が適切に排出されていると、肌をうるおいのある若い状態に保つことにも役立っているのです。まったく皮脂などがない状態だと水分が蒸発していくだけなので、乾燥肌になってしまします。

肌をきれいに保つ調整弁の役割を毛穴は担っていると考えてもいいでしょう。脱毛などを行う際はそのやり方に注意してください。毛穴に刺激を与えるような、例えばワックス脱毛などは、当然毛穴を傷つけてしまいますで、よく考えて行ってください。

毛穴が黒く汚れてしまうのは、詰まった皮脂などが「角栓」という状態になり、それが酸化してしまうことから起きます。一度皮脂が詰まってしまい、角栓になってしまうと、なかなか洗って落とすことが難しくなり、どんどんと黒ずみは広がってしまいます。

毛穴には体内から排出される物質だけではなく、空気中の塵やゴミなども詰まりやすい構造になっています。それらも皮脂とくっついて厄介な汚れになります。

体や肌の健康を維持ずるのに、毛穴は必要不可欠な器官でもありますので、日々の適切なお手入れがいつまでも肌を若々しく保ち、アンチエイジングへつながっていくことを理解していただければ幸いです。

↑ PAGE TOP