腸内環境を整えてシミを予防!

腸内環境を整えよう

女性にとって、シミやくすみ、美白対策はとても感心のある事かと思います。 それらを予防する為にも、体の内側から綺麗になる事も、シミやくすみをなくしたり、美肌を保つ事にも とても大切な事ですよね。

肌トラブルが出来てから改善策を取ると言うより、日頃から出来る範囲の事を確実に行っていく事で 肌を健やかに保つ事が出来るでしょう。

美白の状態を保つ為には、腸内環境がポイントとなります。 便秘は肌の大敵と思う人もいる事でしょう。 なぜ腸内環境がポイントかと言うと、腸の調子が悪化すると、古くなった細胞と新しい細胞の循環が、上手く行われなくなります。 それが、肌トラブルの原因に繋がってしまうのです。

正常な肌の場合、ターンオーバーは28日間で、また新たな肌へと変わるのですが 新陳代謝の低下により、メラニン色素や活性酸素が肌内部に残る事になり、それがかえってシミを作ってしまいます。

では、ベストな腸内環境とは、一体どういうものかお分かりですか? 状態が良ければ、腸内の善玉菌の数は、悪玉菌よりも非常に多く、 善玉菌は活発に動いています。 腸内にいる細菌の総量は大体確定しているので、善玉菌が増加すると悪玉菌は減少します。 逆に、悪玉菌が増加すると、善玉菌が減少します。

善玉菌は、ビフィズス菌や腸球菌等で、外部から侵入する有害な菌に対して、免疫力がアップします。 悪玉菌は、ウェルシュ菌やブドウ球菌等で、腸内の腐敗を進行させ、 発がん性物質や、毒素を持った有害物質、さらには活性酸素を発生させ、体の免疫力を低下させます。

そのように、腸が弱くなったり、調子が悪化してしまうと、繁殖を続けた悪玉菌が、腸内で有毒ガスを発生させ、 それを腸が吸収してしまうのです。

要するに、有害な成分が血液循環により、全身にめぐってしまいます。 そして最終的に、皮膚汗腺から排出しようとして、皮膚に負担をかけてしまうのです。

では反対に、腸内環境を健康な状態にしておくと、免疫力もアップし、花粉症やアトピー等のアレルギー体質の改善や さらには、ガン予防や、コレステロール値を下げたり、高血圧改善にも効果的です。 よって、日頃から食事内容を見直し、腸内環境をベストな状態にしておく事が、最も大切です。

また、腸内環境を調整する為に、乳酸菌を摂る事も有効です。 最近では、善玉菌が生きたまま腸に届くといった商品等も増えてきているので それらを上手く取り入れてみる事もおすすめです。

↑ PAGE TOP