ニキビが原因でしわができやすくなる!?

にきび対策・予防でアンチエイジング

ニキビに悩まされている方はとても多いですよね。 実は、ニキビができやすい方はしわもできやすいと言われているのです。

その理由として挙げられるのが、ニキビの大きな原因が乾燥肌にあるということ。 乾燥した肌はみずみずしさを失っているため、しわができやすくなってしまいます。

ニキビというと脂っぽいオイリー肌の方にできやすい印象があるかもしれませんが、乾燥肌の場合も注意が必要です。 肌が乾燥している状態ということはバリア機能が弱まっているということ。

肌にはターンオーバーという新陳代謝機能があるのですが、水分不足が原因でうまくターンオーバーができず、ニキビのできやすい肌になってしまうことがあります。

また、もともとはオイリー肌だったものの、間違ったスキンケアが原因で乾燥肌になってしまう方もいるので気をつけましょう。 例えば、余分な皮脂を落とそうと思って必要以上に洗顔をしてしまった場合に乾燥肌になりやすくなります。

確かに皮脂が多すぎると肌がベトベトしてしまいますが、皮脂は肌の乾燥を守る働きも持っているため、洗顔で必要以上に落としてしまうと乾燥に繋がってしまうのです。

肌の状態をよく把握し、乾燥していると感じているのであれば乾燥対策も取っていくことが大切になります。

ニキビに悩んでいるのであればピーリングも取り入れてみると良いですね。 ピーリングは毛穴の詰まりを改善し、ターンオーバーを整えるのにも役立ってくれるスキンケア方法です。

真皮のコラーゲンを増やす働きもあるため、乾燥肌やニキビだけでなく、様々な肌トラブルの解消にも役立ってくれます。 シワなどの予防や改善にもつながることが期待できるので、ピーリング石鹸などを利用してみると良いですね。

丁寧なスキンケアをしているのになかなかニキビや乾燥肌が良くならないという場合、もしかしたらストレスが原因になっているかもしれません。 ストレスは肌にとって非常に良くないものなので、溜め込まないことが大切です。

↑ PAGE TOP